古い歴史|ひかり電話やレンタル携帯|楽々通信サービスの活用術
男性

ひかり電話やレンタル携帯|楽々通信サービスの活用術

古い歴史

女の人

金額や価格の傾向について

固定電話は、今や携帯電話、スマホが1人1台以上保有している時代でも根強い人気があります。1人暮らしの学生や若い世代は、固定電話を持たない人たちもいますが、ファミリー層ではIP電話などインターネット回線と両方設置することで電話利用料を安くしたりと広がりを見せています。そんな固定電話の価格の傾向として、固定電話の機種にもよりますが、1万円以下で購入することができます。コードレスフォンや子機、FAX機能付きになると少し値段が上がります。また、固定電話の電話代もインターネット回線を通じたものであれば、様々なサービスプランがあり、お得に利用できるものも多数あります。目的と利用頻度に合わせて選ぶことができます。

これまでの歴史や変遷について

固定電話の歴史は古く1890年代に東京に電話回線ができました。しかし、一部の人しか利用できないものでした。その後、日露戦争が終わると固定電話の普及は、一気に進みました。第二次世界大戦前には、電話の利用者は、100万人を超えたと言われていましたが、戦争が始まり、電話どころではなく終戦を迎えました。その後、高度経済成長になり、技術や電話回線の普及もあり、1960年頃に日本では多くの方が利用できるようになりました。そして、2000年地入り、携帯電話の普及、スマホの普及もあり、固定電話の普及は、急激には伸びることないですが、根強い、必要なものとなっているのです。固定電話もスマホや携帯電話に負けじと進化しています。最近ではレンタルサービスも一般化されてきています。購入する程ではなくても、持っていると便利なのでまずはレンタルから始めてみると良いでしょう。

Copyright© 2016 ひかり電話やレンタル携帯|楽々通信サービスの活用術 All Rights Reserved.