電話加入権とは|ひかり電話やレンタル携帯|楽々通信サービスの活用術
男性

ひかり電話やレンタル携帯|楽々通信サービスの活用術

電話加入権とは

スマホと電波

電話加入権とは何なのか

電話加入権とはNTT東日本とNTT西日本による加入電話回線を契約及び架設する権利を指す。電話加入権を所有するということは、電話を置く場所の移転や利用停止を行う権利を持っているということである。休止した場合も5年以内に手続きを行えば更新することで維持できる。電話加入権を所得するには施設設置負担金を支払わなければならない。これはNTT側が電話インフラを整備する資金として必要となる為である。しかし負担金制度はもともと戦後復興期に、当時の電電公社がインフラ敷設が自己資金で追いつかなかった為、加入者に負担の一部を求めるように定められたものである。インフラがある程度網羅された現在は、必要性が薄れ廃止すべきではないかという議論もあるほどである。

加入権なしのライトプラン

電話加入権の権利の移転は無料で行うことができ、譲渡や遺贈などによる権利移転であれば手数料を支払うことで名義変更を行うことができるが、少々面倒である。電話回線を利用してインターネットを行うシステムが流行すると、電話加入権がなくても電話が引けるライトプランといわれるサービスが生まれた。電話加入権を所有するためには施設設置負担金が高額であったため、入手するにはハードルが高いものであった。しかしライトプランではこの施設設置負担金を払う必要がない。電話加入権をレンタルしているという感覚で、回線使用料にプラス数百円を月額で支払うことで電話やインターネット回線が使える。学生などの一人暮らし世帯が移転や譲渡などを考慮し、このライトプランで電話を引くケースが多い。

Copyright© 2016 ひかり電話やレンタル携帯|楽々通信サービスの活用術 All Rights Reserved.